スマホ広告の「ただし書き」注意

見落としがちと消費者庁

消費者庁がアンケート用に作成したスマートフォンの広告サイト

 消費者庁は16日、スマートフォンに表示される広告についてのアンケート結果を発表した。商品やサービスを「無料」と強調する一方で「ただし、無料にならない場合もある」など、ただし書きがある「打ち消し表示」と呼ばれる部分は、見逃されがちであることが明らかになった。

 同庁表示対策課の大元慎二課長は「スマホの画面はパソコンより小さく、文章を読み込むのではなくキーワードの単語を拾って読みがち。購入や契約前は、不利益な内容が含まれていないか注意して読んで」と呼び掛けている。見逃しがちな打ち消し表示は景品表示法違反に当たるため、見つけたら自治体などへの連絡も求めている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る