囲碁、挑戦者の山下が井山に先勝

本因坊戦第1局

 囲碁の第73期本因坊戦7番勝負の第1局は15、16の両日、山口県萩市で打たれ、挑戦者の山下敬吾九段(39)が256手で井山裕太本因坊(28)に黒番半目勝ちし、先勝した。

 井山本因坊は昨年10月に2度目の七大タイトル同時制覇を達成後、王座、天元、棋聖、十段を防衛。今回が五つ目の防衛戦となる。山下九段は7期ぶりの本因坊復帰を目指す。

 第2局は23、24日に京都市で行われる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む