囲碁、挑戦者の山下が井山に先勝

本因坊戦第1局

 囲碁の第73期本因坊戦7番勝負の第1局は15、16の両日、山口県萩市で打たれ、挑戦者の山下敬吾九段(39)が256手で井山裕太本因坊(28)に黒番半目勝ちし、先勝した。

 井山本因坊は昨年10月に2度目の七大タイトル同時制覇を達成後、王座、天元、棋聖、十段を防衛。今回が五つ目の防衛戦となる。山下九段は7期ぶりの本因坊復帰を目指す。

 第2局は23、24日に京都市で行われる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る