ツクシイバラ、優しい香り漂う 球磨川沿いで見ごろ

©株式会社熊本日日新聞社

球磨川河川敷で見ごろを迎えているツクシイバラ=錦町

 錦町からあさぎり町にかけての球磨川沿いに自生するバラの野生種ツクシイバラが見頃を迎え、ピンク色の花が優しい香りを漂わせている。

 保護活動に取り組む「球磨川ツクシイバラの会」によると、ピークは20日ごろで、6月初めまで楽しめるという。15日、人吉市から訪れた主婦小川ひとみさん(68)は「初めて見ました。香りが良く、見応えがあります」と話していた。

 同会は6月10日までの土・日曜日、群生地の木上大橋(錦町)近くの河川敷でお茶や漬物を振る舞う。問い合わせは錦町企画観光課TEL0966(38)4419。(鹿本成人)

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。