サッカー大迫、ブレーメン移籍

2部降格のケルンから

大迫勇也

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグのブレーメンは16日、2部降格が決まったケルンからFW大迫勇也(27)を獲得したと発表した。大迫はブレーメンの公式サイトで「伝統があり、素晴らしいサポーターもいるクラブ。貢献したい」と意気込みを語った。

 日本代表候補の大迫はJ1鹿島から、2014年1月にドイツ2部(当時)の1860ミュンヘンに移籍。自身も出場したワールドカップ(W杯)ブラジル大会後の14年夏からの4シーズンはケルンでプレーした。ドイツ1部通算は108試合に出場して15得点だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る