『孤狼の血』原作、文庫売上トップ10入り!映画公開で注目高まる

©株式会社シネマトゥデイ

柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)書影

 役所広司が主演を務めた映画『孤狼の血』(公開中)の同名原作小説が、5月21日付のオリコン週間文庫ランキング(5月7日~13日集計)にて9位にランクインしたことが明らかになった。12日に公開された映画のヒットを受けて、原作も注目されている様子だ。

 柚月裕子による小説「孤狼の血」(KADOKAWA)は、暴力団対策法成立直前の昭和63年の広島を舞台に、暴力団抗争に立ち向かう新米刑事とベテラン刑事の姿を描いたハードボイルドミステリー。警察小説と映画『仁義なき戦い』を掛け合わせたような魅力が話題となり、第68回日本推理作家協会賞を受賞したほか、「本の雑誌が選ぶ2015年度ベスト10」第2位、「このミステリーがすごい!」第3位、第154回直木三十五賞にもノミネートされた。

 「孤狼の血」は2015年8月に単行本で発売されたのち、昨年8月に文庫化。文庫版は4月16日付の「オリコン週間文庫ランキング」で71位に上昇して以降、先週付で15位までランクアップ。21日付の今週、ついに9位にランクインした。映画の公開を受けて徐々に売り上げを伸ばしており、ロングランでのヒットとなっている。

 白石和彌が監督を務め、主演の役所のほか松坂桃李真木よう子江口洋介ら豪華キャストが出演する映画も好調で、12日の公開から2日間で11万2,684人を動員し、興行収入1億4,707万1,400円をあげて全国映画動員ランキングで3位にランクイン。観客層は40代~50代を中心とする男性客が7~8割を占めており、平日も堅実な興行が期待されるとのこと。現在では珍しい骨太な作風が話題の映画と原作小説の相乗効果は、まだまだ続きそうだ。(編集部・大内啓輔)

あなたにおすすめ