淡い緑の光放つキノコが見頃

世界遺産目指す奄美大島

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
淡い緑色の光を放つシイノトモシビタケ=14日、鹿児島県の奄美大島

 鹿児島県の奄美大島で、淡い緑色の光を放つキノコ「シイノトモシビタケ」が、朽ちたシイなどの木に生えて数センチの長さに育ち、見頃を迎えた。島北部の「奄美自然観察の森」が人気の観察スポットで、9月ごろまで楽しめる。近くには、世界自然遺産への登録を目指して日本政府が推薦している地域もある。

 シイノトモシビタケは、釣り鐘状のかさから柄まで全体が闇夜でうっすらと光る。地元で自然観察指導員を務める川畑力さん(39)によれば、今年はこれまでに雨が少なめだったこともあり、生えているのを最初に確認できたのは今月初め。例年と比べて、やや遅かったという。

あなたにおすすめ

Curated by

Record China

Record China