<あのころ>ミス眼鏡コンクール

おしゃれ用品とPR

1956(昭和31)年5月17日、東京で「ミス眼鏡」のコンクール。戦前まで美容の妨げとされていたものが、おしゃれ用品としてPRされ始めた。400人の応募者から選ばれた40人がモンロー型、ボストン型、フォックス型など色とりどりの「だて眼鏡」をつけて眼鏡美人を競い合った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

So-net

So-net