<あのころ>ミス眼鏡コンクール

おしゃれ用品とPR

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

1956(昭和31)年5月17日、東京で「ミス眼鏡」のコンクール。戦前まで美容の妨げとされていたものが、おしゃれ用品としてPRされ始めた。400人の応募者から選ばれた40人がモンロー型、ボストン型、フォックス型など色とりどりの「だて眼鏡」をつけて眼鏡美人を競い合った。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。