3月の機械受注3.9%減

3カ月ぶりマイナス

 内閣府が17日発表した3月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比3.9%減の8566億円で、3カ月ぶりにマイナスとなった。2月に大型案件があった鉄鋼業などで反動が出たことが影響した。

 内閣府は基調判断を「持ち直しの動きがみられる」と据え置いた。同様の表現は8カ月連続。

 受注額は製造業が17.5%減の3650億円で3カ月ぶりのマイナス。金属加工機械などの受注が押し下げた。非製造業は2.2%増の4759億円で3カ月連続のプラスとなった。鉄道車両や通信機の受注が伸びた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China