EU、イラン核合意の維持確認

米離脱に「結束」で一致

16日、ブルガリアのソフィアで記者会見するEUのトゥスク大統領(ブルガリア政府提供・ゲッティ=共同)

 【ソフィア共同】欧州連合(EU)は16日夜、ブルガリアの首都ソフィアで非公式首脳会議を開き、イラン核合意からの米離脱問題を協議した。米国がイランと取引する第三国企業への制裁復活を示唆する中、欧州メディアによると、加盟全28カ国は対イラン制裁解除を柱とする核合意の維持を確認し「結束した対応」を取ることで一致した。

 首脳会議では、米国の離脱で不利益を被る「欧州企業を守る作業を始める」ことでも合意。具体策として欧州投資銀行(EIB)によるイラン向け融資などが検討されているが「特効薬はない」とも言われる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China