バリアフリー対応を協議

東京パラへ向け事務折衝

平昌冬季パラリンピックの選手村に設置された木製のスロープ=3月(共同)

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会との事務折衝が17日、東京都内で始まった。IPCはゴンザレス最高経営責任者(CEO)、組織委は武藤敏郎事務総長らが出席。冒頭のあいさつでゴンザレスCEOは「パラの世界は完全に20年東京に注目している。あと2年強。今が大事な時期だ」と、大会に向けた準備の重要性を強調した。

 IPCからはホテルのバリアフリー対応の遅れを課題として指摘されている。

 競技用車いすを使う選手にとっては、既存施設の通路や更衣室が手狭との指摘も受けており、対応策を協議する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China