臍帯血の民間取引を禁止

造血幹細胞移植法改正へ

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 へその緒から採取され白血病治療などに使われる臍帯血について、公的バンク以外が第三者と取引するのを原則禁止する造血幹細胞移植推進法の改正案を自民、公明両党が17日まとめた。今国会での成立を目指す。違反者には3年以下の懲役や300万円以下の罰金を科すとしている。

 昨年、経営破綻した「民間バンク」から臍帯血が流出し移植された事件を受けた措置。2014年施行の同法は、白血病治療のために臍帯血や骨髄をあっせんする公的バンクの設置を許可制にしたが、個人の臍帯血を有料保管する民間バンクは規制の対象外だった。

Curated by

大阪府医師協同組合

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。