中日新聞記者、県警資料を漏えい

元暴力団組員に広報文

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 中日新聞社の愛知県警担当だった30代の男性記者が、取材で知り合った元暴力団組員の男(55)に、県警の報道発表資料を渡していたことが17日分かった。同社は記者の処分を検討している。

 同社によると、記者は県警担当をしていた当時、事件の概要や容疑者の個人情報などが記された県警の報道発表資料を撮影し、無料通信アプリで複数回、取材先だった元組員に送信していた。

 同社の寺本政司編集局次長は「取材で得た情報を報道以外の目的に使うことは記者倫理に反する行為であり、重く受け止めている。関係者の方々におわびするとともに、再発防止に向け社員教育を徹底する」としている。

あなたにおすすめ

Curated by

Record China

Record China

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。