ビセンティン氏がCEOに

ゼロックス、大株主が推薦

 【ニューヨーク共同】米事務機器大手ゼロックスは16日、富士フイルムホールディングス(HD)による買収に反対する大株主カール・アイカーン氏が推薦したビセンティン氏を最高経営責任者(CEO)に任命したと発表した。

 アイカーン氏の投資会社でCEOを務めるコッツァ氏はゼロックスの会長に選ばれた。アイカーン氏が推す人物が主要な地位を占めることになり、富士フイルムHDによる買収は一段と難しくなりそうだ。

 ビセンティン氏は3月から、富士フイルムHDによるゼロックスの買収提案に関してアイカーン氏側のコンサルタントを務めていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む