ビセンティン氏がCEOに

ゼロックス、大株主が推薦

 【ニューヨーク共同】米事務機器大手ゼロックスは16日、富士フイルムホールディングス(HD)による買収に反対する大株主カール・アイカーン氏が推薦したビセンティン氏を最高経営責任者(CEO)に任命したと発表した。

 アイカーン氏の投資会社でCEOを務めるコッツァ氏はゼロックスの会長に選ばれた。アイカーン氏が推す人物が主要な地位を占めることになり、富士フイルムHDによる買収は一段と難しくなりそうだ。

 ビセンティン氏は3月から、富士フイルムHDによるゼロックスの買収提案に関してアイカーン氏側のコンサルタントを務めていた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る