ソフトバンク内川が登録抹消

左足打撲に右膝痛も

ソフトバンクの内川聖一内野手

 ソフトバンクの内川聖一内野手が17日、出場選手登録を外れた。4月中旬に投球を受けた右膝の状態が悪く、今月15日には自打球で左足内側のくるぶしを打撲。工藤監督は「両方重なった。痛みがありながら頑張っていたけど、僕が止めた」と説明した。再登録できるのは27日以降。

 35歳の内川は9日の西武戦で通算2千安打を達成したばかり。同監督は「一回リセットしてやってもらいたい。(29日から)交流戦も始まるので、しっかり治してくれという話は本人にした」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China