核燃料再処理工場の審査再開

サイクル政策の中核施設、規制委

青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場

 原子力規制委員会は17日、日本原燃が稼働を目指す使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の審査を再開した。重要設備の安全対策で不備が見つかり、終盤だった審査を昨年10月に中断していた。再処理工場は、原発の使用済み燃料からウランやプルトニウムを取り出して再利用する国の核燃料サイクル政策の中核施設だが、完成時期を20年以上延期している。

 この日は、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料加工工場(同村)などの審査も再開した。

 原燃の工藤健二社長は今年4月、設備の保守管理が改善したとして審査の再開を申し入れ、規制委が了承した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

So-net

So-net