競歩、鈴木が2年9カ月ぶり復帰

20キロ世界記録保持者

 陸上男子20キロ競歩の世界記録を持つ30歳の鈴木雄介(富士通)が17日、千葉市内で記者会見し、埼玉県熊谷市で19日に行われる東日本実業団選手権の5000メートル競歩で約2年9カ月ぶりにレースに復帰すると発表した。

 鈴木は2015年3月に1時間16分36秒の世界記録を樹立したが同年の世界選手権は股関節痛で途中棄権し、その後も苦しんだ。昨年後半から徐々に症状が改善し、12月に本格的な練習を再開したという。

 日本陸連の強化費で不適切な申請をして昨年10月から6カ月間の資格停止処分を受けた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る