横田めぐみさん母、拉致解決祈る

米朝会談に「何か起きるかも」

拉致問題の進展に不安と期待を語る横田早紀江さん=17日午後、東京都内

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(82)のキリスト教の支援者らが17日、東京都内で集会を開き、拉致問題の解決を祈った。あいさつに立った早紀江さんは、6月の米朝首脳会談について「どうなっていくのか胸を痛めながら、希望も持ちながら祈っている。何か起きるかもしれない」と話した。

 2000年に始まった「早紀江さんを囲む祈り会」は、この日で198回目。参加した約250人は「めぐみさんが助け出され、家族が笑顔で再会を果たせるように」と手を組み声を合わせた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

So-net

So-net