輸入制限除外へWTO通知

政府、米国に対抗措置検討

 政府が米国の鉄鋼輸入制限に関する対抗措置の検討を、世界貿易機関(WTO)に近く通知する方向で調整していることが17日分かった。輸入制限の適用除外を求め米国をけん制し、日米の新たな通商協議を有利に運ぶ思惑もあるとみられる。

 WTOのルールでは、自国産業を保護する目的で関税の引き上げが行われた場合、他の国は影響を相殺するために同等の関税措置を取ることが認められている。今回の通知はその手続きの第一歩となる。WTOの中に設置された機関に対し、加盟国同士の貿易上の紛争解決を訴えるWTO提訴とは異なる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China