メニコンの顧客カード情報流出

不正利用で被害27人、6百万円

 コンタクトレンズ大手のメニコン(名古屋市)は17日、子会社の会員専用サイトが外部から不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出したと発表した。不正利用によって27人、約668万円の被害を確認したとしている。

 子会社はコンタクト販売店「エースコンタクト」を東日本で展開するダブリュ・アイ・システム(東京)。2017年12月17日~18年3月27日にサイト「A―Web(エースウェブ)倶楽部」で、クレジットを使って決済した3412件で会員名とカード番号、有効期限の情報が流出した可能性がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China