西城さん、2度の脳梗塞乗り越え

約1カ月前にもステージで熱唱

2003年7月、最初の脳梗塞から復帰し、記者会見する西城秀樹さん=東京・赤坂

 歌謡曲の黄金期を築いた歌手の西城秀樹さんが16日、63歳で亡くなった。2度の脳梗塞を乗り越えて歌い続け、約1カ月前にもステージで熱唱していた。所属事務所によると、4月25日夜に自宅で家族とだんらん中に倒れ、意識が戻らないまま亡くなったという。

 西城さんは2003年、48歳で最初の脳梗塞を発症した。「言葉が出てこない。体は鉛のように重くて病院の廊下も歩けない。回復できるとは思えなかった」。一時は引退を覚悟したと生前語っていた。

 リハビリに励んだが、11年に再び脳梗塞に見舞われた。満足に歌えない自分と向き合いながら、歌うことの意味をかみしめた。

西城秀樹さん=1979年11月

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る