名古屋の男性死体損壊で再逮捕

監禁致傷容疑で4人

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 名古屋市中区の職業不詳岡田亮祐さん(28)に対する死体損壊事件で、中署捜査本部は17日、逮捕監禁致傷の疑いで、知人で同市千種区の元人材派遣会社社長野間裕司容疑者(30)ら男4人=加害目的誘拐罪で起訴=を再逮捕した。

 4人の再逮捕容疑は2月23日午後2時すぎから約40分間、名古屋市東区のマンションで岡田さんの顔を複数回殴り、両手両足を縛るなどして監禁し、けがを負わせた疑い。岡田さんと野間容疑者らの間に金銭などを巡るトラブルがあったとされる。

 他に逮捕されたのは、いずれも住所不定、無職の春内大樹容疑者(29)、久綱洋史容疑者(25)、西田和馬容疑者(27)。

あなたにおすすめ