マダニ感染で宮崎の80代死亡

県内で3人目

 宮崎県は17日、宮崎市の80代女性が、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染して死亡したと発表した。今年に入り、県内のマダニ感染による死者は3人目。

 県によると、女性は全身の倦怠感を訴えて6日に県内の医療機関を受診し、7日に検査で感染が確認されたが、その後死亡した。女性の体にはダニにかまれた痕は見つからなかったが、「草むしりをした」と説明したという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

Record China

Record China