マダニ感染で宮崎の80代死亡

県内で3人目

 宮崎県は17日、宮崎市の80代女性が、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染して死亡したと発表した。今年に入り、県内のマダニ感染による死者は3人目。

 県によると、女性は全身の倦怠感を訴えて6日に県内の医療機関を受診し、7日に検査で感染が確認されたが、その後死亡した。女性の体にはダニにかまれた痕は見つからなかったが、「草むしりをした」と説明したという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China