サッカーW杯代表候補18日発表

ガーナ戦へ、30人程度か

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 日本サッカー協会は18日、ガーナ代表との国際親善試合(30日・日産スタジアム)に臨む日本代表を発表する。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の代表候補となるメンバーは30人前後の見通しで、4月に就任した西野新監督が初めて選手を招集する。試合翌日の31日に、W杯に登録する23人へ絞り込む予定。

 日本協会は4月7日付で前監督のハリルホジッチ氏との契約を解除し、当時の技術委員長だった西野氏が後任に就いた。今月14日に、W杯の予備登録メンバー35人を決めた。基本的には前任者の下でプレーした選手を呼ぶ考えを示しており、本田(パチューカ)ら、実績者の招集が注目される。

あなたにおすすめ

Curated by

Record China

Record China