石西礁湖のサンゴ、良好状態1%

白化の影響残る、沖縄

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
白化現象などで死んだ沖縄県・石垣島沿岸のサンゴ=2017年12月(環境省提供)

 日本最大のサンゴ礁が広がる沖縄県の石西礁湖や周辺海域で、サンゴが過去の大規模な白化現象の被害から回復しておらず、良好な状態を保つ場所は1%程度にとどまるとする調査結果を環境省が17日、発表した。白化は地球温暖化に伴い深刻になると懸念されるため「監視を続け、保全策を検討する」としている。

 環境省は、人工衛星で2017年に撮影した画像や現地調査を基に全体的なサンゴの分布域を確認した上で、サンゴの状態を場所ごとに詳しく評価した。

 沖縄県の石垣島と西表島の間にある石西礁湖では、生きたサンゴが50%以上を占める良好な状態の場所は分布域全体の1.4%だけだった。

Curated by

So-net

So-net

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。