日大は悪質反則の究明を

関学大不満「信頼は崩壊」と非難

記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督=17日午後、兵庫県西宮市

 アメリカンフットボールの定期戦で日本大の選手の悪質な反則行為により選手が負傷した問題で、関西学院大アメフット部は17日、兵庫県西宮市内で記者会見し、日大の内田正人監督(62)が意図的な乱暴行為を選手に指示したことを否定する日大の回答に疑念と不満を表明、改めて真相究明を求めた。関学大の小野宏ディレクター(57)は「信頼関係は完全に崩壊している」と非難した。

 関学大は日大の内田監督らによる負傷選手への直接の謝罪も要求。日大側が24日をめどとした再回答の内容次第では、来年度の定期戦を取りやめる意向を明らかにした。

6日に東京都内で行われた定期戦での問題のプレー。関学大QBがパスを試みるが(上)、不成功となり無防備となった状態(中)に、走り込んできた日大の守備選手が背後からタックルする(下)(関学大提供・背番号を画像加工しています)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む