西城秀樹さん死去 「励まされた」「気さくな人」 鹿児島県内惜しむ声

©株式会社南日本新聞社

明治維新150年特集

明治維新150年や「西郷どん」の鹿児島関連の話題を中心に、観光案内・グルメ情報も掲載。4コマ「よかにせSAI-Go!」や幕末新聞などコンテンツ満載です!

特集ページはこちら

 16日亡くなった西城秀樹さんは、「8・6水害」が起きた直後の1993年11月、鹿児島市で開かれたチャリティーコンサートで、同市の甲南高校吹奏楽部とヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を共演していた。当時の部員たちは「励まされた」「気さくな人だった」と、青春の一ページを飾ったスターの早すぎる死を悼んだ。
 当時1年生でトランペットを担当していた会社員岩重智彦さん(40)=東京都新宿区=は「共演は夢心地。引退した先輩からうらやましがられた」と振り返る。リハーサルで部員たちに丁寧にあいさつする姿が忘れられない。「有名人なのに気さく。水害を気にかけてくれている」と感じ、励まされたという。「まだ若いのに」と言葉を詰まらせた。

闘病体験を語る西城秀樹さん=2010年7月、鹿児島市

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。