<青葉まつり>時代絵巻 杜の都彩る 19日開幕

大勢の観客を魅了した勇壮な山鉾巡行とすずめ踊りの大流し=2017年5月21日午後1時35分ごろ、仙台市青葉区の東二番丁通
<交通規制参考図>仙台市バス572便で運休や経路変更

 第34回仙台・青葉まつり(まつり協賛会主催)が19、20の両日、仙台市中心部で開かれ、286団体、8200人以上が参加する。初日の宵まつりはすずめ踊りの宵流し、2日目の本まつりは豪華な山鉾(やまぼこ)や武者行列などによる時代絵巻巡行があり、市民や観光客が初夏の風物詩を楽しむ。

 すずめ踊りの宵流しは19日午後2時ごろから約5時間、定禅寺通で行われ、軽快なおはやしに合わせ、色とりどりの法被を着た「すずめたち」が乱舞する。

 本まつりの時代絵巻巡行には約6400人が参加。武者行列や青葉神社神輿(みこし)渡御、山鉾11基などが東二番丁通や定禅寺通を練り歩く。本まつりでも各所で、すずめ踊りが披露される。

 まつり期間中、市民広場では、すずめ踊りなどを披露するステージ、県内外のうまいものを集めた「杜の市」がある。県庁南側の勾当台公園では、忍者体験小屋、寄席などが並ぶ「伊達縁(だてえん)」が開かれる。

 両日とも市中心部では時間帯によって車両通行が規制される。19日午後2時~8時半は定禅寺通が通行止め。20日は地図の通り。東二番丁通が正午~午後3時半、定禅寺通は正午~午後4時半、青葉通は正午~午後2時、通行止めや車線規制がある。

◎仙台市バス572便 運休や経路変更

 仙台市交通局は19、20の両日、仙台・青葉まつりの交通規制に伴い、市中心部を通る市バス計572便で運休や経路変更を行う。

 宵まつりの19日は午後2時~8時半、定禅寺通の通行止めに合わせ、循環観光バス「るーぷる仙台」を含む199便が迂回(うかい)する。

 本まつりの20日は正午~午後4時半、青葉通、広瀬通、東二番丁通、定禅寺通の通行止めに合わせ、るーぷる仙台を含む373便が運休や迂回運行する。

 連絡先は市交通局案内センター022(222)2256。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社