TPP11、今国会承認へ

衆院通過、早期発効目指す

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
TPPの承認案を与党などの賛成多数で可決した衆院外務委=18日午前

 米国を除く11カ国が署名した環太平洋連携協定(TPP)の承認案は18日午後、衆院本会議で与党などの賛成多数により可決され、衆院を通過した。憲法の規定により、承認案は参院に送付されて30日たつと自然成立するため、6月20日までの今国会での承認が確実になった。

 政府は率先して国内手続きを終えて早期発効の機運を高め、2国間貿易協定を望む米国の要求をかわしつつ、米復帰の環境を整えたい考え。参加国への手続き完了通知には畜産農家の支援策などを定めた関連法案を衆参両院で可決、成立させる必要もあり、政府・与党は18日午後の衆院内閣委員会での法案採決を目指す。

あなたにおすすめ