横田めぐみさん写真展始まる

母「北朝鮮に思い伝えて」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
横田めぐみさんの写真展を訪れた母早紀江さん。右は川崎市の福田紀彦市長=18日午前、川崎市中原区

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の写真展が18日、川崎市中原区の商業施設「グランツリー武蔵小杉」で始まった。母早紀江さん(82)が会場を訪れ、6月に予定される米朝首脳会談について、「不安の一方で期待もある。米側は被害者家族の思いや考えを伝えてほしい」と話した。

 日本政府に対して「日朝交渉を進め、元気な人をみんな帰国させてほしい」と望んだ。

 初節句の1965年から新潟市で消息を絶った77年11月までに父滋さん(85)が撮影した家族写真約30点のほか、北朝鮮で撮影された拉致直後や成人後とされる写真も展示。入場無料、20日まで。

あなたにおすすめ