元気な子、出て来いや~! 高田延彦さんが体育教室 大崎・鹿島台

子どもとタオル綱引きで勝負する高田さん。後方は妻の向井さん

 元格闘家のタレント高田延彦さん(56)が主宰する子ども向け体育教室「ダイヤモンド・キッズ・カレッジ」が13日、大崎市鹿島台の旧鹿島台二小であった。

 市内外から児童約160が参加。レスリングの練習を基にした体操やタオル綱引き、タックルの基本練習などを楽しんだ。子どもたちは高田さんや妻でタレントの向井亜紀さん(53)らに励まされ、大粒の汗を流していた。

 鹿島台小3年の本宮有君(8)は「初めてのタックルが決まってうれしかった」と満足げに話した。

 高田さんは「(旧鹿島台町は)母の古里で特別な感情があった。それを忘れるくらい、子どもたちの活発な動きに痛めつけられたよ」と苦笑いした。

 教室は2006年から全国各地で開催し、今回で90回目。東日本大震災後は復興支援として相馬市、宮古市、仙台市でも開いた。高田さんは「日本のアートである美しい三陸海岸が、一日も早く復興してほしい」とエールを送った。

Follow

河北新報

on

©株式会社河北新報社