再開する京都・南座の演目発表

歌舞伎や新喜劇で華やかに

南座のラインアップ発表で記者会見する松本幸四郎さん=18日、東京都千代田区

 松竹は18日、東京都内で記者会見を開き、耐震改修工事を経て11月に再開する南座(京都市東山区)で、2019年9月までに上演する舞台のラインアップを発表した。

 幕開けは12月までの2カ月間、「吉例顔見世興行」を開催。11月は松本幸四郎家の親子3代襲名披露と銘打って松本白鸚さん、松本幸四郎さん、市川染五郎さんらが出演する。

 2019年は1月に松竹新喜劇、3月には坂東玉三郎さんが公演し、7月はOSK日本歌劇団がレビューを披露する。

 会見で幸四郎さんは「新しい歴史の幕開けに、親子3代で出していただける。今から11月が楽しみです」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る