バリアフリー計画を義務化

改正法、公共交通業者に

 鉄道、バスなど公共交通のバリアフリー化を促進する改正法が18日の参院本会議で可決、成立した。施設整備や従業員による介助体制を明記した計画の作成、公表を事業者に義務付けるのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックが迫る中、高齢者や障害者らが安心して移動できる環境づくりを加速させる。

 国は、1日の利用客が3千人以上の空港や駅などの旅客施設について、20年度までにすべての段差を解消する目標を掲げている。しかし、既存施設はスペースの確保、費用の負担がネックとなり、改善が遅れている。

 改正バリアフリー化促進法は、事業者による計画の作成、取り組みの報告を義務化した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る