六法全て平仮名使う口語体に統一

改正商法が成立

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
六法が口語体になった年

 運送関連の取引規定を見直す改正商法が18日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。商法の約230の条文に残っていた片仮名書きの文語体が全て口語体になり、これで六法(憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)の全てが平仮名を使った口語体に統一される。法務省は「現代用語化で、国民により分かりやすくなる」としている。

 商法で定める陸上や海上での運送ルールは1899年の制定以来、実質的な見直しがされておらず、航空運送は規定そのものがなかったため、社会情勢の変化に応じた改正を求める声が出ていた。近く公布し、公布から1年以内に施行する。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。