海老名市 人口増に新戦略 市内外へPR強化

海老名市

©株式会社タウンニュース社

神奈川周辺イベント情報 レアリア

RareAはRare(レア)なArea(エリア)情報が満載の地域密着イベント情報サイト。タウンニュースの記者による独自取材と地域の皆様の投稿で情報を提供します。

サイトはこちら
開発が進んでいるめぐみ町

 海老名市は転入者増・転出者抑制を行い人口増加を図るため、市内外への魅力の発信方法をまとめた「アクションプラン」を発表した。市内では扇町・めぐみ町で開発に伴う人口増も見込まれており、人口減少時代へ対応を施す。

 同プランは、2015から5年間で転入者数の合計目標を3万人とする「人口ビジョン・かがやき持続総合戦略」内の、シティセールスの推進に注力したもの。

 ホームページをはじめ、フェイスブック等のWEB配信ほか、公共交通機関での広告やデジタルサイネージ等、すでに実施している事業に加え、若い社会人世代をターゲットにした「居酒屋コースター」、市民一人ひとりが市をPRする「情報発信隊」の結成、「えび〜にゃダンス」の制作などの新規事業等も盛り込まれている。

 さらにラグビーW杯の公認キャンプに内定した事を受け、交流イベントなどの機会を創出、「おもてなし推進事業」として全国及び海外に向けた発信も行っていく。

人口減少時代に備え

 15年の転入者は5343人、16年は5398人だった海老名市。転出者数を差し引いてもいずれも300人以上が転入超過している。

 市シティプロモーション課=写真右下=では、転入者増と転出者抑制を二本柱に、「他部署とも連携をとりながら市の魅力を発信していきたい」と話している。プラン遂行期間は1年間で、年度単位で順次見直しを行う予定。

 市内では、25年度を目途に開発が進んでいる海老名駅駅間地区(めぐみ町)で約2500人、ららぽーと海老名周辺(扇町)で約3000人の流入が見込まれている。

あなたにおすすめ