コンチネンタル、次世代ヘッドアップディスプレイの開発強化…AR表示も可能に

©株式会社イード

コンチネンタルの次世代ヘッドアップディスプレイ

コンチネンタルは5月17日、米国のデジレンズ社への出資を拡大し、次世代ヘッドアップディスプレイ(HUD)の開発を強化すると発表した。

デジレンズ社は、米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置く。ホログラフィック投影技術を得意とし、自動車および家電アプリケーション向けテクノロジーの開発を手がけている。

すでに両社は、ホログラムヘッドアップディスプレイを共同開発。既存製品と比較して、3分の1にまでコンパクト化。これによって、取り付けの省スペース化を実現すると同時に、関連情報を、より大きく表示することを可能にした。

今回コンチネンタルは、デジレンズ社への出資を拡大し、次世代ヘッドアップディスプレイの開発を強化すると発表。次世代ヘッドアップディスプレイは、視野を倍増させることが可能。AR(拡張現実感)アプリケーションの表示に必要なディスプレイ面積を大幅に拡大しつつ、コンポーネントのサイズを従来6分の1までコンパクト化する。

コンチネンタルは、ヘッドアップディスプレイのコンポーネントサイズを小型化することは、市場に革命を起こす可能性を秘めている、としている。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。