19日から中国本因坊戦三番勝負

©株式会社中国新聞社

中国地方の話題が満載

国内外や中国地方のニュースや話題、カープやサンフレッチェのとっておきの情報をいち早くお届けする中国新聞社のサイトです。

詳しくはこちら
小野慎吾さん
岩井真一さん

 第64期中国本因坊戦三番勝負(日本棋院、日本棋院広島県本部、中国新聞社主催)は19、20の両日、広島市中区の中国新聞ビルで、現本因坊の周南市川手、会社員小野慎吾さん(34)と挑戦者の岡山市北区、県職員岩井真一さん(50)の間で打たれる。

 今期、小野さんは中国名誉本因坊の岩城公順さん(呉市)と並ぶ大会史上2人目の7連覇が懸かっている。岩井さんは56、57期の中国本因坊。ともに主要棋戦の全国大会でも実績のある打ち手とあって、ハイレベルな接戦が予想される。

 両者とも読みが深く、どんな碁も打ちこなせるオールラウンダー。本棋戦の三番勝負では、2年連続3度目の対決となる。これまでは2度とも小野さんが勝ち、通算成績を4勝1敗とリードしている。しかし、昨年は岩井さんが先勝。2局目も勝勢を築いたが、ちょっとした緩みから結局、逆転負けしている。

 今回はその雪辱に燃える岩井さんの意気込みと、中国名誉本因坊位が懸かる小野さんの気合がぶつかり合う激しい戦いになりそうだ。

 19日は午後1時から、20日は午前9時から始まり、1勝1敗になると午後から第3局がある。最終日は午前10時から同ビルで、岩城さんが大盤解説。両日とも対局の模様を7階会議室のスクリーンに映し出す。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。