【MLB】大谷翔平、6号ソロは166キロの125M弾 第4打席で一矢報いる豪快アーチ

©株式会社Creative2

9回に第6号となる本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

センターに消えていった豪快な一発の打球速度の初速は166キロを記録

 エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地のレイズ戦に「5番・DH」でスタメン出場。9回の第4打席でチーム完封を阻止する6号ソロを放ち4打数1安打1打点の活躍を見せた。チームの得点は大谷が放った一発のみで試合は1-7で敗れ3連敗を喫した。

 この日は「5番・DH」でスタメン出場した大谷。レイズのエース右腕クリス・アーチャーの前に3打席連続ノーヒットと苦戦を強いられた。だが、7点を追う9回の第4打席では2番手・右腕プルイットから中堅に消えていく豪快な6号ソロを放った。

 MLBの解析システム「スタットキャスト」の数値によると、大谷が放った本塁打の打球速度の初速は103マイル(約166キロ)を記録し、推定飛距離は411フィート(約125メートル)であった。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。