東北で5月に異例の大雨 土砂災害や河川の氾濫に警戒を

東北に停滞している前線の影響で、秋田県、山形県を中心に5月としては記録的な大雨となっています。

■24時間雨量(きょう午後1時50分まで)
秋田県阿仁合(あにあ) 120.0ミリ(5月の観測史上1位)
秋田県男鹿 102.5ミリ(5月の観測史上1位)
山形県小国 94.5ミリ

このあとも東北では断続的に雨が降り、前線上の低気圧が日本海から進んでくる予想です。活発な雨雲が次々と通過し、同じような場所にかかり続ける恐れがあります。秋田県内を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

すでに秋田県、岩手県には土砂災害警戒情報の発表されている地域があります。これまでの大雨により土砂災害の発生するリスクが高まっています。特に崖の近くなどに土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は十分に注意してください。

警戒対象地域は以下のとおり

【秋田県】
秋田市秋田、男鹿市、鹿角市、潟上市、北秋田市、上小阿仁村、三種町、五城目町、八郎潟町、井川町

【岩手県】
鹿角潟上、北小平潟

また秋田県内は河川の氾濫にも警戒が必要です。
赤沢川、妹川、豊川、馬踏川などすでに極めて危険な状況となっています。

■あす19日昼までの24時間予想雨量(いずれも多い所で)

秋田県 160ミリ
山形県 150ミリ
岩手県 120ミリ

あすの朝にかけて大雨による土砂災害や河川の増水や氾濫、落雷や突風などに警戒、注意が必要です。

Follow

サニースポット

on

©株式会社サニースポット

サニースポットWEB

気象情報サイトです。 可愛らしい不思議な温度計やストームグラス天気管も発売中!

詳細はこちら