JLOC スーパーGT第2戦富士 レースレポート

悪天候の影響でセットアップ確認などができない厳しい予選に

公式予選

日付:2018年5月3日(木)
天候:雨のち晴れ
予選結果:88号車 12位、87号車 19位
観客動員数:3万1300人

 早朝の豪雨で始まったゴールデンウイーク恒例のスーパーGT第2戦富士。雨は落ち着いた物の、その後、霧が立ち込める展開で練習走行が午後の短時間に変更となった。

 他チームも同条件ではあるが、各種セットアップの確認ができなかった等の影響も重なり、通常と異なる1回限りの予選は88号車が12位、87号社が19位と厳しい結果に終った。但し、1秒以内に10台以上が競い合った予選であった為、決勝での追い上げを誓う。

87号車 エンジニアSeiji Hirai コメント

「公式練習は悪天候によって走行時間が大幅に縮小された為、車両の確認とタイヤコンパウンドの確認を行う。公式予選についても悪天候の影響でノックアウト方式ではなく、タイヤを2セット使用しての1回の予選となり、元嶋選手が担当した」

「ストレートスピードが伸びず19番手で終わってしまったが、車両の状態は悪くなく1秒以内に10台以上がひしめき合う状況なので、気持ちを切り替えて決勝レースに向かいたい」

87号車 Yuya Motojima コメント

「予選の後半が勝負になると思っていた。1セット目のタイヤで少しでも多くのマシン、タイヤの情報を得て2セット目で本格的にアタックした。自分なりにうまく走ることができたが、タイムはトップから遅れた。いつも決勝レースペースは良いので、予選が課題だ」

88号車 エンジニアMasafumi Katsumata コメント

「予選担当は平峰選手、今回は霧の為いつもと違うフォーマットだった。2セットのnewタイヤを投入してのアタック、12位となった」

88号車 Kazuki Hiramine コメント

「霧の影響でスケジュール変更となり、GT300クラス予選は、なんと20分1本のみ。担当は僕となり、チームと入念にピットを出るタイミングなどを話あった」

「アタック中に前にいた車両の影響でダウフォースに若干の乱れが発生し、結果的には12位。決勝は追い上げる形となった。走った車の感触も悪くなく、決勝では必ずシングルではフィニッシュできると考えていた」

晴天の富士、2台が快走を見せ、88号車は連続ポイントを獲得

決勝レース

日付:2018年5月4日(金)
天候:晴れ
決勝結果:88号車 9位、87号車 16位
観客動員数:5万5000人

 昨日とはうって変わった好天。まずは観戦に来ていただいている沢山のファンの皆さまにとって最高のコンディションになったことにチーム一同うれしい想いで決勝日を朝をむかえた。

 直前の練習走行においても、2台の決勝セットアップは決まり、良い状態で500kmのレースがスタート。88号車はもちろんのこと、87号車も19位からシングルポジションまで追い上げ2台同時入賞は確実な物かと思われた。

 しかしながら、ピット機材のトラブルにより87号車は再度のピットインを強いられポイント圏外から脱落。その様なタフなレースではあったが、88号車は安定して良いペース・良いポジションを維持し、 開幕戦に続き嬉しい連続入賞の9位となった。

87号車 エンジニアSeiji Hirai コメント

「フリー走行ではレースセットアップの確認を行った。決勝のスタートは元嶋選手、フリー走行後に行ったセットアップの小変更が上手く働き、ストレートスピードは遅いもののペースは悪くなく、42周目に2位まで上がったところでピットイン」

「佐藤選手に交代、タイヤを労わりつつもペースは悪くなく、予定通り72周目にピットイン元嶋選手に交代した。2回のピットインでポイント圏内までポジションを上げていたが、2回目の給油の際に給油リグのトラブルによって予定の燃料が入っていないことが判明。予定外のピットインを行うこととなり残念ながらポイント圏外に落ちてしまった」

「Rd.1、Rd.2と良いレースを行いながらポイントが取れないレースが続いてしまったが、クルマは徐々に速くなって来たので、再度気を引き締めて次戦に挑みたい」

87号車 Kimiya Sato コメント

「元嶋選手からのスタートで19番手から順調にポジションを上げて行った。僕に変わってからも安定したペースで車の感触も悪くなく最後の元嶋選手へバトンをつないだが、最後のピットストップで不運なトラブルがあり実質上6~7番手まで上がっていたが16番手でのフィニッシュとなってしまった」

「次回鈴鹿に向けては予選のパフォーマンスからもっと上げられるようにベストを尽くしていきたい」

87号車 Yuya Motojima コメント

「決勝ではマシンとタイヤが素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれ、追い上げる展開のレースができた」

「チームの戦略も完璧で佐藤選手と追い上げ、入賞に手が届きそうだった。最後のトラブルは残念だが、次のレースはみんなでパーフェクトな仕事をして成績を残したい。次は得意な鈴鹿なので楽しみだ」

88号車 エンジニアMasafumi Katsumata コメント

「スタートをマペッリ選手が担当2つ順位を上げ10位で平峰選手にバトンタッチ、4輪タイヤ交換して、他を圧倒するアウトラップを披露後、レース後半に向けてタイヤを温存してもらった」

「4位まで順位を上げたところで、マルコ選手に再度バトンタッチ、リヤタイヤのみ交換し最後のスティントへ。アグレッシブに攻め続け9位でゴール、貴重なポイントを得た」

88号車 Kazuki Hiramine コメント

「スーパーGTで初めてスタートを担当することとなったマペッリ選手。レギュレーションの確認など、きっちり見直し準備万端の状態だった。スタートで前の車両のクラッシュを上手く避けて、その後のマペッリ選手の勢は凄かった。後半に差し掛かり、ペースが上がらず少し苦しそうだったのでピットイン、僕に交代。色々なことをマネージメントしながら39周を走り切った」

「最後はマペッリ選手交代し『頑張れ!』と伝えた!結果的には9位で終えることとなり、貴重なポイントも持ち帰ることができた。今回も沢山の方々に応援して頂き心から感謝しております。次戦も皆さんに、良い走りがお見せできるように全力で戦いますので、応援よろしくお願い致します!」

88号車 Marco Mapelli コメント

「とてもタフなレースで表彰台を狙うことが難しかった。幸いなことにペースを失うのが各スティントの終盤だったので、トップ10フィニッシュとポイントを獲得することができた。次の鈴鹿に向けてしっかりと仕事を進めたい」

監督コメント

「第2戦の富士、長年ランボルギーニにとっては最適なコースのハズだが? GT3、JAF GT、マザーシャシー、どの車種も圧倒的にストレートスピードが伸びている! ブレーキでも、コーナリングでも200キロのハンデは想像を超えているようだ」

「ランボ開発ドライバーマツペッリ選手も言葉がない! 結果は、88号シングル、87号両ドライバーには申し訳ないピット機材トラブルで賞典外! しかし、今回のレースはほぼ計画を完うしているだけに今後のレースが厳しい!」

「2台とも、ほぼ完璧なピットストップ時間! アウトラップタイムも最上位! これでポディウムに立てない? 来年はアップデートされるが会社はもっと努力しないといけないと思う」

「次回の鈴鹿戦、ドライバー、メカニック、全力を尽くしてくれると思います。今後もチームは与えられた条件で最高の結果を求め頑張ります! スポンサーの皆さま、ファンの皆さま、宜しくご支援をお願い致します!」

©株式会社サンズ