独自スタイルと負けん気で銀 射撃 福島実智子

1988年ソウル五輪で福島実智子(当時長谷川智子)さん(54)は射撃女子スポーツピストルで銀メダルを獲得した。高校卒業後に入った大阪府警で競技に出合い、負けん気の強さと独自のスタイルで急成長した。五輪翌年に結婚を機に引退したが、約8年のブランクを経て復帰し、再婚と改名をして2000年シドニー五輪に出て2種目で5位入賞。再び競技を離れたが周囲の説得もあって再復帰して04年アテネと08年北京両五輪に出場した。現在は大学で指導している。

©一般社団法人共同通信社