金雀40%、純米大吟醸最高賞

世界最大級のワイン品評会、山形

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
世界最大級のワイン品評会「IWC」日本酒部門の審査会で、純米大吟醸酒部門での最高賞に当たる「トロフィー」を「金雀40%」で受賞した堀江酒場の杜氏の堀江計全さん(中央)=18日午後、山形市

 山形市で開かれていた世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の審査会は18日、純米大吟醸酒など9部門で最高賞に当たる「トロフィー」を発表。純米大吟醸部門では堀江酒場(山口県)の「金雀40%」が選ばれた。

 金雀40%は2年連続のトロフィー受賞で、杜氏の堀江計全さんは「小さな蔵だが、良いものを世界に向けて造ろうというのがポリシー」と笑顔だった。

 「奥の松あだたら吟醸」で吟醸酒部門のトロフィーに輝いた奥の松酒造(福島県)の遊佐丈治代表は「福島は風評被害のまっただ中。評価してもらえてうれしい」と話した。

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。