金雀40%、純米大吟醸最高賞

世界最大級のワイン品評会、山形

世界最大級のワイン品評会「IWC」日本酒部門の審査会で、純米大吟醸酒部門での最高賞に当たる「トロフィー」を「金雀40%」で受賞した堀江酒場の杜氏の堀江計全さん(中央)=18日午後、山形市

 山形市で開かれていた世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の審査会は18日、純米大吟醸酒など9部門で最高賞に当たる「トロフィー」を発表。純米大吟醸部門では堀江酒場(山口県)の「金雀40%」が選ばれた。

 金雀40%は2年連続のトロフィー受賞で、杜氏の堀江計全さんは「小さな蔵だが、良いものを世界に向けて造ろうというのがポリシー」と笑顔だった。

 「奥の松あだたら吟醸」で吟醸酒部門のトロフィーに輝いた奥の松酒造(福島県)の遊佐丈治代表は「福島は風評被害のまっただ中。評価してもらえてうれしい」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る