TOJ京都ステージ、21日開催 高低差188mの難コース挑む

©株式会社京都新聞社

「ツアー・オブ・ジャパン」京都ステージのコース

 国内最高峰の国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」の京都ステージが21日、京田辺市と精華町にまたがる周回コースで開かれる。国内8、海外8の計16チーム約100人が、関西文化学術研究都市の丘陵地や山間部を走り抜ける。

 TOJは20日から27日にかけて堺から東京まで8ステージで計764キロ走り、個人総合時間賞などを競う。

 京都ステージは2日目で、最大高低差188メートルの起伏が激しい難コースを計105キロ走る。

 午前9時から普賢寺ふれあいの駅(京田辺市普賢寺)で開会式、同25分からセレモニーランで同志社大京田辺キャンパスなどを走った後、同9時50分に普賢寺小(同市水取)前からスタート。1周16・8キロのコースを6周し、けいはんなプラザ(精華町光台)西側でフィニッシュする。

 京田辺市高船や精華町東畑など15カ所に観戦ポイントが置かれる。詳細は、TOJ京都ステージのホームページ。

あなたにおすすめ