疑惑捜査終結なら米大統領聴取も

トランプ氏のジュリアーニ弁護士

元ニューヨーク市長のジュリアーニ弁護士(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権のロシア疑惑に絡み、トランプ大統領の弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長は17日、モラー特別検察官が望む直接聴取に大統領が応じるのは「残る捜査を短縮できると思う場合に限る」と述べ、早期の捜査終結を求めた。FOXニュースの番組で語った。

 捜査は、ロシアの米大統領選介入に絡むトランプ陣営との共謀や、トランプ氏自身による司法妨害の有無が焦点。連邦捜査局(FBI)元長官のモラー氏が特別検察官に任命されてから丸1年となった17日、トランプ氏はツイートし「共謀もなければ、司法妨害もない」と潔白を訴えた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る