9条俳句訴訟、二審も賠償命令

「表現の自由を侵害」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
東京高裁の判決後、「勝訴」の文字を掲げる原告側の支援者ら=18日午後、東京都千代田区

 憲法9条について詠んだ俳句を「公民館だより」に載せるのを拒んだのは、憲法が保障する表現の自由の侵害に当たるとして、作者の女性(77)がさいたま市に句の掲載と200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、掲載しなかったのは違法だとして一審さいたま地裁に続き賠償を命じた。慰謝料は5万円から5千円に減らした。

 判決後に記者会見した原告側の久保田和志弁護士は「市が原告の創作活動に介入したことの違法性を認めた」と評価した。

 この俳句は「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」。白石史子裁判長は、掲載拒否に正当な理由はないと結論付けた。

あなたにおすすめ