「大人がしっかり話を聞く態勢を」いじめ・虐待講演会

「いじめる側の子どもへの理解も必要」と話す臨床心理士の児島達美さん

 NPO法人子どもいじめ・虐待相談センター・大分(丹生聖治理事長)は、大分市のコンパルホールで「人間関係としてのいじめ・虐待」と題した講演会を開いた。

 市民ら約30人が参加。臨床心理士の児島達美さん(福岡市)がいじめや虐待につながる家庭環境などについて説明。「いじめる側の子どもは怒りや寂しさを抱えている。周囲の大人がしっかりと話を聞く態勢を整えることが大切」と訴えた。

 同法人は2007年に設立。弁護士や心療内科医師ら専門家が連携し、いじめなどの相談を受け付けている。

Follow

大分合同新聞

on

©有限会社大分合同新聞社

ミニ事件簿が電子書籍に!

大分合同新聞夕刊の名物コーナー「ミニ事件簿」が電子書籍になりました! どこから読んでも「ゆるニュース」。 現在4種類を販売中!

ダウンロードはこちらから