【桜坂劇場・下地久美子の映画コレ見た?】「blank13」 斎藤工さまが撮った作品は、笑いも悲しみも感動も

©株式会社沖縄タイムス社

 斎藤工さまが映画を撮った。バッドニュースの極みだ。手放しに「斎藤工セクシー♡」と喜んでいたプライベートが「斎藤工の映画はヒットするのか」という仕事の世界へ一変。「また、金持ちの道楽が始まったぜ」。そんな邪念にまみれて挑んだ映画「blank13」。

 借金を残し、家族を捨てた父親が13年後、ガンで亡くなる。母の苦労を目の当たりにし、父を憎んでいた2人の兄弟は、葬儀の席で家族には見せなかった父の素顔を知るのだった。

 幼くして父の裏切りにあった家族の物語は、悲しいに決まっている、はずだった。それなのに、この作品は笑いも感動も、悲しみもあり、そして何よりも「愛」が存在した。ヒットうんぬんはさておき、桜坂劇場で上映したくなる映画を、工さまはお作りになられました。(桜坂劇場・下地久美子)

◇同劇場であすから上映予定

「blank13」

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。