警官にもナイフ振り回す、名古屋

錦の男性刺殺事件

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 名古屋市中区錦3丁目の漫画喫茶で愛知県尾張旭市の会社員大竹智之さん(35)が殺害された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された住所不詳、無職稲田府見洋容疑者(22)=福島県出身=は、110番から約10分後に駆け付けた中署員に対しても、凶器の果物ナイフを振り回して抵抗していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 刺されてぐったりした大竹さんの近くで興奮して暴れる稲田容疑者を、中署員が取り押さえたという。司法解剖の結果、10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、死因は出血性ショックだった。

 事件は17日午後8時20分ごろ発生した。

あなたにおすすめ