香川、ガーナ戦代表入り「不安はない」 自主練習で実戦想定メニューも

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい
日本代表候補入りしたドルトムントの香川真司=18日午後、神戸市内(撮影・辰巳直之)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会につながるガーナ戦(30日・横浜)の日本代表メンバー発表を受け、選出されたMF香川真司選手(29)=ドルトムント、神戸市垂水区出身=が18日午後、ユニバー記念競技場(神戸市須磨区)での自主練習後に取材に応じた。「身が引き締まる。『ここから』という感じ」。昨年10月を最後に遠ざかっていた代表戦、そして本大会のメンバー入りに向けて抱負を語った。

 香川選手は左足首痛で長期間離脱する時期があったが、自習練習では中盤の崩しからシュートするなど、実戦を想定したメニューを精力的に消化。「ドルトムントでも練習していた。不安はない」と状態を懸念する声を一掃した。

 W杯ロシア大会の最終登録メンバーは23人。ガーナ戦の代表に選ばれた27人を基本線に絞り込まれ、31日に正式発表される見込み。(有島弘記)

あなたにおすすめ

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのままサービスの利用を続けることで、当社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。