津山の古民家を1日限定カフェに

©株式会社山陽新聞社

 古い町家や商家が並ぶ津山市城東地区で20日、空き家となっている古民家(勝間田町)を「1日限定カフェ」として活用するイベントが開かれる。

 城東地区の在り方について昨年度学んだ「津山デザインミーティング」(市主催)の参加者でつくるグループ・津山デザインラボが初めて企画。当日は午前10時から建物内を参加者全員で清掃した後、コーヒー(1杯300円程度)を味わいながら空き家の活用策について話し合う。コーヒーの焙煎(ばいせん)方法などを学ぶ教室も開かれる。

 会場は作州城東屋敷(中之町)から西へ徒歩2分、「コーヒースタンド福寿湯」の向かいで、当日参加可能。午後4時まで。昼食は各自用意する。問い合わせはメンバーの勝尾康典さん(090—4103—0058)。

あなたにおすすめ